コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湊要之助 みなと ようのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湊要之助 みなと-ようのすけ

1866-1904 明治時代の教育者。
慶応2年9月生まれ。明治22年北村益を盟主として,生地青森県で八戸(はちのへ)青年会を組織する。国粋主義的な武士道精神にもとづいて士族子弟を教育した。明治37年11月3日死去。39歳。名は忠康。号は疾風堂柳雪。著作に「心要雑話」「空眼雑録」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

湊要之助の関連キーワード明治時代教育者

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android