コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖出金四郎(初代) こいで きんしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湖出金四郎(初代) こいで-きんしろう

?-1720 江戸時代前期-中期の長唄唄方。
杵屋(きねや)宇右衛門の門人といわれるが不明。「十三鐘」「鳥辺山」などの芝居唄を作曲した。元禄(げんろく)年間に関西で活躍。享保(きょうほう)5年5月6日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

湖出金四郎(初代)の関連キーワード杵屋

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android