コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十三鐘 ジュウサンガネ

2件 の用語解説(十三鐘の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅうさん‐がね〔ジフサン‐〕【十三鐘】

奈良の法相宗(ほっそうしゅう)菩提院で、明け七つ(午前4時頃)と暮れ六つ(午後6時頃)の時に、両方の時の数を合わせて13ついた鐘の音。13歳で鹿殺しの罪に問われた子を弔うための鐘という俗説がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゅうさんがね【十三鐘】

奈良の興福寺で、衆徒の勤行ごんぎようのため、明け七つと暮六つの時刻につきならした鐘。
地歌の一。鹿を殺して石子詰めの刑を受けた一三歳の子の伝説に取材したもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十三鐘の関連キーワード佐伯良謙法相唯識宗論宗安秀経尋寿広蔵俊智雄法相宗秘事絵詞

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone