コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十三鐘 ジュウサンガネ

デジタル大辞泉の解説

じゅうさん‐がね〔ジフサン‐〕【十三鐘】

奈良の法相宗(ほっそうしゅう)菩提院で、明け七つ(午前4時頃)と暮れ六つ(午後6時頃)の時に、両方の時の数を合わせて13ついた鐘の音。13歳で鹿殺しの罪に問われた子を弔うための鐘という俗説がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうさんがね【十三鐘】

奈良の興福寺で、衆徒の勤行ごんぎようのため、明け七つと暮六つの時刻につきならした鐘。
地歌の一。鹿を殺して石子詰めの刑を受けた一三歳の子の伝説に取材したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

十三鐘の関連キーワード岩井半四郎(2代)湖出金四郎(初代)妹背山婦女庭訓山本喜市石子詰め興福寺法相宗衆徒勤行地歌

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十三鐘の関連情報