十三鐘(読み)じゅうさんがね

精選版 日本国語大辞典 「十三鐘」の意味・読み・例文・類語

じゅうさん‐がね ジフサン‥【十三鐘】

〘名〙 奈良法相宗菩提院で、明け七つ時(午前四時)と暮れ六つ時(午後六時)についた鐘の音。また、その鐘。合計一三ついたので、この名がある。また、鹿を殺した一三歳の子どもがこの寺で石子詰の刑に処せられたので、その菩提をとむらうために鐘を鋳てこのように名づけたという俗説がある。
※俳諧・六日飛脚(1679)「誰か子のためのたのもの節句〈友雪〉 けさ奉行十三かねを持せきて〈遠舟〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「十三鐘」の意味・読み・例文・類語

じゅうさん‐がね〔ジフサン‐〕【十三鐘】

奈良の法相宗ほっそうしゅう菩提院で、明け七つ(午前4時頃)と暮れ六つ(午後6時頃)の時に、両方の時の数を合わせて13ついた鐘の音。13歳で鹿殺しの罪に問われた子を弔うための鐘という俗説がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典 「十三鐘」の解説

十三鐘
(通称)
じゅうさんがね

歌舞伎浄瑠璃外題
元の外題
南都十三鐘 など
初演
元禄13.1(大坂・岩井座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

閏日

太陽暦では,1太陽年が 365.2422日にあたるため,平年を 365日とし,400年に 97回閏日をおいて補正する必要がある。最初の一応完全な太陽暦は,前 46年,ユリウス・カエサルがアレクサンドリ...

閏日の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android