コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥辺山/鳥部山 トリベヤマ

5件 の用語解説(鳥辺山/鳥部山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とりべ‐やま【鳥辺山/鳥部山】

鳥辺野(とりべの)の異称。
地歌。近松門左衛門作詞、湖出金四郎作曲、岡崎検校改調とされる。宝永3年(1706)京都の都万太夫座で上演されたおまん・源五兵衛の道行(みちゆき)を原拠とするが、同年夏、大坂で上演のときはお染・半九郎に改められる。
宮薗(みやぞの)節。宮薗鸞鳳軒(らんぽうけん)作曲。明和3年(1766)大坂竹本座初演「太平記忠臣講釈」の「道行人目の重縫(かさねぬい)」からとったもので、縫之助・浮橋の道行とする。宮薗節の代表的名作。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鳥辺山【とりべやま】

京都市東山区,東山の西腹の地名。鳥辺野とも称し,平安時代中期ころから火葬場,墓地となった。
→関連項目化野蓮台野

鳥辺山【とりべやま】

三味線声曲の曲名。鳥辺山を舞台にした男女の道行・心中を扱った歌舞伎鳥辺山心中》(初演は1706年あるいはそれ以前)をもとにしたもの。1.地歌。お染と半九郎の心中道行を歌う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とりべやま【鳥辺山】

邦楽の曲名。鳥辺山(鳥辺野)で心中する男女,源五兵衛・おまんを扱った俗謡が近世初期に流行したが,この2人を主人公とする浄瑠璃歌舞伎狂言(おまん源五兵衛物),あるいはこの状況を用いた歌舞伎や邦楽が作られている。(1)地歌 近松門左衛門作詞,湖出金四郎作曲,岡崎検校(1684‐1753)改調。1706年(宝永3)正月京都の都万太夫座および同年夏大坂の岩井座で上演された歌舞伎狂言《鳥辺山心中》の道行に用いられた曲を岡崎検校が地歌に移したとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥辺山
とりべやま

地歌(じうた)および宮薗節(みやぞのぶし)の曲名。『鳥辺山心中』の原典は1706年(宝永3)正月、京都都万太夫(みやこまんだゆう)座上演のもので、このときはおまん源五兵衛の役名であったが、同年夏、大坂・岩井座でお染半九郎の役名で上演され、その道行の詞章が地歌の『鳥辺山』となった。これは近松門左衛門の加筆といわれる。一方、宮薗節のほうは初世宮薗鸞鳳軒(らんぽうけん)作曲。男女の名が浮橋縫之助(うきはしぬいのすけ)になっているのは、1766年(明和3)近松半二ほか合作の義太夫節『太平記忠臣講釈』の第五「道行人目(みちゆきひとめ)の重縫(しげぬい)」が典拠になっているためで、塩冶(えんや)判官の弟縫之助が傾城(けいせい)浮橋を溺愛(できあい)しているのを、取り巻き連中が茶屋で両人をおだてて「鳥辺山心中」に見立てた道行の場をやらせる趣向を踏襲しているためである。詞章は地歌のものを転用し、部分的に手を加えているが、宮薗を代表する名曲になっている。[林喜代弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鳥辺山/鳥部山の言及

【火葬】より

…また疫病の流行や飢饉に際して,河原や荒野に遺棄された死体を念仏僧などが火葬にする風があった。この時期,京都では鳥辺山,船岡山などが民間の火葬地として知られていた。また平安時代中期以降,遺骨を寺域に移す風がおこり,三昧堂,廟堂などが建てられ,さらに火葬骨を納めた五輪塔など石造墓塔が立てられ,後世の寺墓のおこりもみられるようになった。…

【鳥辺野】より

…京都市東山区の清水寺南側にひろがる野。鳥戸(部)野とも書く。化野(あだしの)の露,鳥部山の烟といわれるように,早く平安時代初期から京都近郊に存在した葬送地の一つとして有名であった。はじめは鳥部(辺)山の麓を鳥辺野と称したが,この山は阿弥陀ヶ峰をいうらしく,かつての鳥辺野は現在の地から阿弥陀ヶ峰にかけての広い地域を称した。ここでの葬送の例は多くあり,藤原道長もここで荼毘(だび)に付されている。鳥部寺(愛宕寺)が営まれ,また少し西に珍皇(ちんこう)寺六波羅蜜寺などが建立されるのは,鳥辺野が葬送地であったからである。…

※「鳥辺山/鳥部山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鳥辺山/鳥部山の関連キーワード近松忌鳥辺野・鳥部野鳥辺山・鳥部山浜辺野菊蓮台野鳥辺野捕鳥部万漆部兄服部呰女服部於田

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone