コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖出市十郎 こいでいちじゅうろう

世界大百科事典 第2版の解説

こいでいちじゅうろう【湖出市十郎】

長唄唄方。3世(一説には4世)を数えるが,初世が著名。(1)初世(?‐1800(寛政12)) 初世吉住小三郎の門弟。初名吉住市十郎。1747年(延享4)ころから森田座に出勤。のち岡田市十郎と改め,さらに初世富士田吉次に師事して,富士田市十郎と改め,68年(明和5)より湖出市十郎を名のる。明和から寛政期(1764‐1801)の代表的な唄方で,とくにめりやす物を得意とした。1778年(安永7)2世湖出金四郎を名のったが,まもなく市十郎にもどる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の湖出市十郎の言及

【黒髪】より

…(1)地歌 (a)繁太夫物《髪梳き》の別称。(b)湖出(こいで)市十郎作曲と伝えられる三下り端歌。鈴木万里が流行させ,また,津山検校が得意として,その歌い方を〈津山ぶし〉といった。…

※「湖出市十郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

湖出市十郎の関連キーワード湖出金四郎(2代)湖出市十郎(1世)湖出市十郎(2代)湖出市十郎(初代)長唄黒髪

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android