コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖出市十郎 こいでいちじゅうろう

1件 の用語解説(湖出市十郎の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こいでいちじゅうろう【湖出市十郎】

長唄唄方。3世(一説には4世)を数えるが,初世が著名。(1)初世(?‐1800(寛政12)) 初世吉住小三郎の門弟。初名吉住市十郎。1747年(延享4)ころから森田座に出勤。のち岡田市十郎と改め,さらに初世富士田吉次に師事して,富士田市十郎と改め,68年(明和5)より湖出市十郎を名のる。明和から寛政期(1764‐1801)の代表的な唄方で,とくにめりやす物を得意とした。1778年(安永7)2世湖出金四郎を名のったが,まもなく市十郎にもどる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の湖出市十郎の言及

【黒髪】より

…(1)地歌 (a)繁太夫物《髪梳き》の別称。(b)湖出(こいで)市十郎作曲と伝えられる三下り端歌。鈴木万里が流行させ,また,津山検校が得意として,その歌い方を〈津山ぶし〉といった。…

※「湖出市十郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

湖出市十郎の関連キーワード杵屋六左衛門死児の齢を数える隣の宝を数える吉住小三郎芳村伊十郎数える昭穆松永和風尾形幸蔵

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone