コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湛快 たんかい

1件 の用語解説(湛快の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湛快 たんかい

1099-1174 平安時代後期の僧。
康和元年生まれ。長快の4男。久安2年紀伊(きい)熊野山(和歌山県)の別当,仁平(にんびょう)元年法印,のち権大僧都(ごんのだいそうず)。平治(へいじ)元年平清盛熊野参詣に乗じて源義朝が挙兵した平治の乱では,湯浅宗重とともに清盛をたすけた。承安(じょうあん)4年死去。76歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の湛快の言及

【紀伊国】より


[武家政権と紀州の武士団]
 平氏政権期には,中央政界と深いつながりをもった武士団が台頭した。その代表的なものが湯浅宗重と熊野別当湛快で,彼らは平治の乱の際,熊野詣の途中にあった平清盛を助けて乱を勝利にみちびき,平氏の有力な家人となった。ところが源平内乱の末期には,宗重は一族の行慈が文覚の弟子であった関係から源氏に寝返り,湛快の子湛増もまた熊野水軍を率いて源氏の勝利に貢献した。…

※「湛快」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

湛快の関連キーワード円憲覚範行恵行智(1)静証信慧尋範禎喜日覚林豪

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone