コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湛快 たんかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湛快 たんかい

1099-1174 平安時代後期の僧。
康和元年生まれ。長快の4男。久安2年紀伊(きい)熊野山(和歌山県)の別当,仁平(にんびょう)元年法印,のち権大僧都(ごんのだいそうず)。平治(へいじ)元年平清盛の熊野参詣に乗じて源義朝が挙兵した平治の乱では,湯浅宗重とともに清盛をたすけた。承安(じょうあん)4年死去。76歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の湛快の言及

【紀伊国】より


[武家政権と紀州の武士団]
 平氏政権期には,中央政界と深いつながりをもった武士団が台頭した。その代表的なものが湯浅宗重と熊野別当湛快で,彼らは平治の乱の際,熊野詣の途中にあった平清盛を助けて乱を勝利にみちびき,平氏の有力な家人となった。ところが源平内乱の末期には,宗重は一族の行慈が文覚の弟子であった関係から源氏に寝返り,湛快の子湛増もまた熊野水軍を率いて源氏の勝利に貢献した。…

※「湛快」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android