コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯浅克衛 ゆあさ かつえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湯浅克衛 ゆあさ-かつえ

1910-1982 昭和時代の小説家。
明治43年2月26日生まれ。小・中学時代を朝鮮でくらす。昭和10年「カンナニ」を発表。同年「焔の記録」が「改造」懸賞小説に入選,文筆生活にはいる。武田麟太郎(りんたろう)らの「人民文庫」に参加し,「莨(ろう)」「城門の街」などをかいた。昭和57年3月15日死去。72歳。香川県出身。第一早稲田高等学院中退。本名は猛(たけし)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

湯浅克衛の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android