コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人民文庫 じんみんぶんこ

3件 の用語解説(人民文庫の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じんみんぶんこ【人民文庫】

文芸雑誌。1936年(昭和11)3月創刊,38年1月廃刊。臨時増刊2冊を含み通巻26冊。人民文庫社発行。奥付の編集発行人は本庄陸男(むつお),実質的には武田麟太郎が主宰。プロレタリア文学崩壊後のファシズムの気流と,とりわけ文壇的には文芸懇話会や日本浪曼派日本主義的風潮に抗して〈散文精神〉を主軸にリアリズムの発展を主張したが,戦後は,日本浪曼派とともに〈転向といふ一つの木から出た二つの枝〉(高見順)という見方をされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

じんみんぶんこ【人民文庫】

文芸雑誌。昭和11年(1936)創刊。武田麟太郎主宰。寄稿者に高見順本庄陸男間宮茂輔など。昭和13年(1938)終刊。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人民文庫
じんみんぶんこ

文芸雑誌。1936年(昭和11)3月創刊、38年1月終刊。臨時増刊『現代代表作全集』2冊を含み、全26冊。人民社発行。武田麟太郎(りんたろう)が主宰し、同人雑誌『日暦(にちれき)』の高見順や『現実』の本庄陸男(ほんじょうむつお)ら、敗退したプロレタリア文学系の作家たちをおもな執筆グループとした。文芸懇話会の結成や『日本浪曼(ろうまん)派』の創刊など、文化統制的、超国家主義的傾向に反発し、「散文精神」を主張するなどした進歩的文芸雑誌。巨視的には、『日本浪曼派』とともに「転向という一本の木から出た二つの枝」(高見順)という見方もできる。高見『故旧(こきゅう)忘れ得べき』、武田『井原西鶴』、立野信之(たてののぶゆき)『流れ』、渋川驍(ぎょう)『樽切湖(たるきりこ)』、間宮茂輔(まみやもすけ)『あらがね』などが載る。[高橋春雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の人民文庫の言及

【日本浪曼派】より

…創刊に先だって《コギト》に掲載された保田執筆の〈広告〉の高踏的なロマン主義の主張がおおきな反響を呼ぶ。第3号に載った保田の〈反進歩主義文学論〉と亀井の〈生けるユダ(シェストフ論)〉に,プロレタリア文学運動壊滅後の転形期を生きるこの派の主張がうかがわれ,武田麟太郎,高見順ら《人民文庫》(1936‐38)派の写実主義と鋭く対立した。小説では,太宰治の《道化の華》,緑川貢の《娼婦》,檀一雄の《衰運》,伊藤佐喜雄の《花の宴》などが注目される。…

※「人民文庫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

人民文庫の関連キーワードしがらみ草紙新潮日本浪曼派文学界文芸文芸倶楽部文芸戦線めさまし草芸文スバル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone