コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人民文庫 じんみんぶんこ

世界大百科事典 第2版の解説

じんみんぶんこ【人民文庫】

文芸雑誌。1936年(昭和11)3月創刊,38年1月廃刊。臨時増刊2冊を含み通巻26冊。人民文庫社発行。奥付の編集発行人は本庄陸男(むつお),実質的には武田麟太郎が主宰。プロレタリア文学崩壊後のファシズムの気流と,とりわけ文壇的には文芸懇話会や日本浪曼派の日本主義的風潮に抗して〈散文精神〉を主軸にリアリズムの発展を主張したが,戦後は,日本浪曼派とともに〈転向といふ一つの木から出た二つの枝〉(高見順)という見方をされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人民文庫
じんみんぶんこ

文芸雑誌。1936年(昭和11)3月創刊、38年1月終刊。臨時増刊『現代代表作全集』2冊を含み、全26冊。人民社発行。武田麟太郎(りんたろう)が主宰し、同人雑誌『日暦(にちれき)』の高見順や『現実』の本庄陸男(ほんじょうむつお)ら、敗退したプロレタリア文学系の作家たちをおもな執筆グループとした。文芸懇話会の結成や『日本浪曼(ろうまん)派』の創刊など、文化統制的、超国家主義的傾向に反発し、「散文精神」を主張するなどした進歩的文芸雑誌。巨視的には、『日本浪曼派』とともに「転向という一本の木から出た二つの枝」(高見順)という見方もできる。高見『故旧(こきゅう)忘れ得べき』、武田『井原西鶴』、立野信之(たてののぶゆき)『流れ』、渋川驍(ぎょう)『樽切湖(たるきりこ)』、間宮茂輔(まみやもすけ)『あらがね』などが載る。[高橋春雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の人民文庫の言及

【日本浪曼派】より

…創刊に先だって《コギト》に掲載された保田執筆の〈広告〉の高踏的なロマン主義の主張がおおきな反響を呼ぶ。第3号に載った保田の〈反進歩主義文学論〉と亀井の〈生けるユダ(シェストフ論)〉に,プロレタリア文学運動壊滅後の転形期を生きるこの派の主張がうかがわれ,武田麟太郎,高見順ら《人民文庫》(1936‐38)派の写実主義と鋭く対立した。小説では,太宰治の《道化の華》,緑川貢の《娼婦》,檀一雄の《衰運》,伊藤佐喜雄の《花の宴》などが注目される。…

※「人民文庫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

人民文庫の関連キーワードシャロン アレイヘム故旧忘れ得べき井上 友一郎矢田 津世子武田 麟太郎湯浅 克衛矢田津世子平林 彪吾堀田 昇一本庄 陸男那珂 孝平田村泰次郎丸山 義二上野 壮夫竹内 昌平田宮 虎彦大谷藤子南川 潤井原西鶴荒木 巍

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android