コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯浅子傑 ゆあさ しけつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湯浅子傑 ゆあさ-しけつ

1655-1737* 江戸時代前期-中期の武士。
明暦元年生まれ。湯浅心俊の次男。湯浅常山の父。備前岡山藩士。小姓(こしょう)組組頭をへて,正徳(しょうとく)4年大目付となる。精勤ぶりと公正な政務によって信望をあつめ,在任18年におよんだ。元文元年12月17日死去。82歳。名は英。通称は又右衛門。号は栄叡

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

湯浅子傑の関連キーワード湯浅瑠璃

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android