コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川勘兵衛 はせがわかんべえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長谷川勘兵衛
はせがわかんべえ

歌舞伎大道具師。日本橋の宮大工であった1世は,江戸の歌舞伎の各座の大道具を専門として明暦 (1655~58) の頃から活躍,その後代々これを専業とする。8世は最初の回り舞台を制作。 11,12,14世は舞台機構の改良,仕掛物の工夫に手腕を発揮し,戸板返しちょうちん抜け,宙乗りなどを生み出した。 16世は 1951年長谷川大道具株式会社を設立。 17世は 65年,歌舞伎座舞台株式会社取締役となった (→大道具方 ) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はせがわかんべえ【長谷川勘兵衛】

歌舞伎大道具師。現在まで17世代に及ぶ。初世(?‐1659(万治2))は江戸日本橋の宮大工の子で専門大道具師の元祖として明暦(1655‐58)ごろ活躍した。6世(?‐1737)のころに大道具の仕事を独占的なものとした。江戸での回り舞台や《金閣寺》の大ゼリを作った8世(?‐1785(天明5)),3世尾上菊五郎と提携して怪談物の仕掛道具を発明した11世(1781‐1841∥天明1‐天保12),その孫で明治時代に名人とうたわれた14世(1847‐1929∥弘化4‐昭和4)らが大道具長谷川の伝統を守り,地歩を着実に固め,同時に歌舞伎大道具の発達を促してきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はせがわかんべえ【長谷川勘兵衛】

(初代)(?~1659) 歌舞伎大道具師。江戸の人。中村座をはじめ各座の大道具方として活躍。以後代々舞台づくりを行う。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長谷川勘兵衛
はせがわかんべえ

歌舞伎(かぶき)大道具師。江戸日本橋の宮大工の子で、専門大道具師の元祖として明暦(めいれき)(1655~58)ごろに活躍した初世に始まり、今日まで17世を数える。大道具の仕事を独占的にしたのは6世(?―1737)のころで、以後、8世(?―1785)が江戸で最初の回り舞台や『金閣寺(きんかくじ)』の大ぜりをつくり、11世(1781―1841)が3世尾上(おのえ)菊五郎と提携して怪談狂言の仕掛物を発明したことなどによって、歌舞伎の大道具は大いに発達、長谷川の名も広く知られるようになった。14世(1847―1929)は11世の孫で明治時代に名人とうたわれ、13世の次男である16世(1889―1964)は本名源次郎、東京歌舞伎座の大道具を担当し、1951年(昭和26)長谷川大道具株式会社を設立した。現在はその子信次郎(1924― )が17世を相続、社名を歌舞伎座舞台株式会社と変更、新旧の舞台づくりに活躍している。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の長谷川勘兵衛の言及

【大道具】より

… 初期の歌舞伎は能舞台をそのまま模したような舞台で,演目も単純な一幕物ばかりだったから,大道具も簡単であったが,脚本が進歩して多幕物が発達し,演出も複雑になるにともなって,それまで舞台装置に類するものを担当していた大工職が独立し,専門の大道具師が生まれた。大道具師の祖といわれるのは江戸日本橋の宮大工の子,初世長谷川勘兵衛(?‐1659)で,その後世襲した代々の勘兵衛によって技術は急速に進歩して現在に及んでいる。 歌舞伎の大道具は,基本的には〈二重(にじゆう)〉と〈張物(はりもの)〉の二つで構成される。…

※「長谷川勘兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長谷川勘兵衛の関連キーワード長谷川勘兵衛(17代)長谷川勘兵衛(14代)長谷川勘兵衛(11代)長谷川勘兵衛(12代)長谷川勘兵衛(16代)長谷川勘兵衛(初代)長谷川勘兵衛(2代)釘町 久磨次長谷川三之助釘町久磨次3月8日中村座嘉六初代