湯浅治郎(読み)ゆあさ じろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湯浅治郎 ゆあさ-じろう

1850-1932 明治-大正時代の政治家。
嘉永(かえい)3年10月21日生まれ。湯浅八郎の父。湯浅半月の兄。妻は湯浅初子。明治5年図書館便覧舎を創立。11年新島襄(にいじま-じょう)から受洗,郷里群馬県安中に安中教会を創立。また県会議員となり全国にさきがけて廃娼を実現。23年衆議院議員(当選2回)。新島没後の同志社の運営にあたった。昭和7年6月7日死去。83歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯浅治郎の関連情報