コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯浅半月 ゆあさ はんげつ

6件 の用語解説(湯浅半月の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

湯浅半月

詩人・聖書学者。名は吉郎。群馬県の人。同志社英語学校卒。オペリン大学・エール大学に留学。編著に『書画贋物語』『京都叢書』がある。昭和18年(1943)歿、86才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

湯浅半月【ゆあさはんげつ】

詩人,聖書学者。本名吉郎(よしお)。上野国生れ。同志社英学校卒。渡米してオベリン,イェール両大学に学び,学位を得て帰国。同志社で聖書を講義し,その後図書館関係,牧師などの職につく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湯浅半月 ゆあさ-はんげつ

1858-1943 明治-昭和時代前期の詩人,聖書学者,図書館学者。
安政5年2月16日生まれ。同志社英学校卒業時の明治18年旧約聖書に題材をとった長詩「十二の石塚」を刊行。24年母校の教授となり,旧約聖書をおしえる。のち京都平安教会牧師,京都府立図書館長。昭和18年2月4日死去。86歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。本名は吉郎(よしお)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆあさはんげつ【湯浅半月】

1858‐1943(安政5‐昭和18)
明治・大正期のキリスト教詩人,聖書学者。新島襄と同郷で,群馬県安中生れ。本名吉郎。1885年同志社卒業の際自作の史詩《十二の石塚》を朗読し,同年自費出版したことで知られている。これは旧約聖書の《ヨシュア記》から素材を取った,近代文学史で最初の個人詩集である。渡米して神学・ヘブライ語を修め,91年帰国後同志社教授になり旧約聖書の原典訳をライフワークとした。第2詩集《半月集》(1902)には《十二の石塚》の改作《古英雄》を含む21編が収められたが,詩史の展開に遅れたものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ゆあさはんげつ【湯浅半月】

1858~1943) 詩人・聖書学者。群馬県生まれ。本名は吉郎。1885年(明治18)同志社神学部卒業の年に日本近代詩史上最初の個人詩集「十二の石塚」を刊行。「雅歌」ほか旧約ヘブライ語原典の韻文訳を残す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯浅半月
ゆあさはんげつ

[生]安政5(1858).2.16. 上野,安中
[没]1943.2.4. 東京
詩人,聖書学者。本名,吉郎。 1885年同志社英語学校卒業。卒業の式場で朗読した旧約聖書を題材とする新体詩『十二の石塚』が評判となり,日本最初の近代詩集として同年刊行された。同年渡米,91年エール大学を卒業して帰国,母校の教授となり,聖書学を講じ,1902~03年欧米視察後,京都府立図書館長となり図書館学の普及に貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湯浅半月の関連キーワード石原謙キリスト教会耶蘇キリスト教徒ムラカキリスト教会キリ概中村獅雄前田護郎聖書学ロアジー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone