コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

機密費 キミツヒ

大辞林 第三版の解説

きみつひ【機密費】

機密の用途に使用する費用。
内閣官房と外務省に割り振られる予算で、国の仕事を円滑で効果的に遂行するため機動的に使う経費とされる。予算上の名称は報償費。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

機密費
きみつひ

行政担当者が、機密用途にあてるため他からの制約なく支出しうる経費をいう。明治憲法下においては、歳出予算の一費目として認められ、会計検査院の検査対象からも外れていたが、日本国憲法下では、国の収入支出の決算はすべて会計検査院がこれを検査するものとされ(90条1項)、このような費目は認められていない。
 報償費(国におけるそれをさすことが多い)、食糧費、交際費などその使用について裁量が認められているものが、俗に機密費とよばれることがあるものの、これらは機動的に使用される経費であるにすぎず、使途を明かさないという意味での機密費ではない。[稲葉一将]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

機密費の関連キーワード陳総統周辺の金銭スキャンダル内閣官房機密費私的諮問機関官房機密費湯浅 治郎陳 水扁渡瀬常吉甘粕正彦田中義一呉 淑珍内閣官房松本和陳水扁報償費外務省財政名称費用

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

機密費の関連情報