コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

満州国軍 まんしゅうこくぐん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

満州国軍
まんしゅうこくぐん

1932年満州国の成立とともに,日本軍の指導下に国防軍として編成された軍隊。日満軍事協定のもとに,関東軍司令官の指揮下におかれたため,実際の独立性はまったくなかった。東北軍閥の帰順部隊を母体として,建国時で兵力約 13万,江上艦艇 45隻から成り,日本軍顧問のほかに,多数の日系軍官と呼ばれる日本人将校が指揮にあたった。国内で匪賊の討伐にあたるほか,ノモンハン事件をはじめとするソ満国境紛争で日本軍とともに戦った。 34年以後満州帝国軍となり,45年満州帝国の解体とともに消滅。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

満州国軍の関連キーワードチョン・イルグォン(丁一権)パク・チョンヒ(朴正煕)中山 久四郎松井 太久郎板垣 征四郎佐々木 到一伊達 順之助永見 俊徳板垣征四郎西原 征夫中山久四郎佐々木到一伊達順之助松井太久郎那須弓雄東宮鉄男永見俊徳西原征夫下永憲次花谷 正

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

満州国軍の関連情報