コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源性入道親王 げんしょうにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源性入道親王 げんしょうにゅうどうしんのう

1327-1353 南北朝時代,花園天皇の第3皇子。
嘉暦(かりゃく)2年生まれ。母は宣光門院(藤原実子)。建武(けんむ)4=延元2年親王となり,康永2=興国4年真言宗仁和(にんな)寺で法守入道親王について出家した。文和(ぶんな)2=正平(しょうへい)8年1月29日死去。27歳。俗名は業永。法名は源照ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

源性入道親王の関連キーワード南北朝時代花園天皇嘉暦

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android