コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法守入道親王 ほうしゅにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

法守入道親王 ほうしゅにゅうどうしんのう

1308-1391 鎌倉-南北朝時代,後伏見天皇の第3皇子。
徳治(とくじ)3年9月14日生まれ。母は高階(たかしな)邦経の娘。京都の真言宗仁和(にんな)寺18世門跡(もんぜき)。正和(しょうわ)3年仁和寺にはいり,元応2年親王となり元亨(げんこう)元年出家。嘉暦(かりゃく)元年灌頂(かんじょう)をうける。のち御願寺6寺の六勝寺検校(けんぎょう)をかねた。明徳2=元中8年9月19日死去。84歳。俗名は寧永。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

法守入道親王の関連キーワード源性入道親王南北朝時代後伏見天皇高階邦子徳治

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android