コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源義賢 みなもとの よしかた

2件 の用語解説(源義賢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源義賢 みなもとの-よしかた

?-1155 平安時代後期の武将。
源為義の次男。源義仲の父。本拠は上野(こうずけ)(群馬県)多胡荘。職名から帯刀先生(たてわきせんじょう),多胡先生とよばれる。豪族秩父重隆の婿となり,武蔵(むさし)比企郡(埼玉県)大蔵館に居住。勢力あらそいから甥の源義平に館をおそわれ,久寿2年8月16日討ち死に。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源義賢

没年:久寿2.8.16(1155.9.14)
生年:生年不詳
平安末期の武将。源為義と六条大夫重俊の娘の子。義朝は兄,頼賢,為朝は弟。保延5(1139)年春宮帯刀先生となるが,翌年殺人犯人と同心したとして解官。以後父と共に摂関家の藤原忠実・頼長に臣従。康治2(1143)年,頼長より能登庄を預けられたが,4年後に年貢未進で解任。仁平3(1153)年,上野国(群馬県)多胡郡に下向し,武蔵国の豪族秩父重隆の婿となり武蔵北部に勢力を伸ばすが,久寿2(1155)年,当時鎌倉にあった義朝の長子義平の攻撃を受けて武蔵国比企郡の大蔵館で岳父重隆と共に殺された。この際,幼少だった子の義仲は木曾に逃れた。また養子となっていた弟頼賢が復讐に下向し,義朝に追討の院宣が下される一幕もあった。<参考文献>上横手雅敬『院政期の源氏』

(元木泰雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源義賢の関連キーワード永万夫重ね仁安六条六条河原六条通り藤原基隆源為義妻源頼賢源頼弘

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

源義賢の関連情報