コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源興 みなもとの おこる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源興 みなもとの-おこる

828-872 平安時代前期の官吏。
天長5年生まれ。源常(ときわ)の子。嵯峨(さが)源氏。左近衛権(さこんえのごんの)少将,相模守(さがみのかみ)をへて,天安元年右近衛中将となる。清和天皇蔵人頭(くろうどのとう)をつとめた。従四位上。貞観(じょうがん)14年11月19日死去。45歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

源興の関連キーワード斯波義廉隠元隆琦源宜子隠元官吏

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

源興の関連情報