コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源常 みなもとの ときわ

2件 の用語解説(源常の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源常 みなもとの-ときわ

812-854 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
弘仁(こうにん)3年生まれ。嵯峨(さが)天皇の皇子。母は飯高宅刀自(いいたかの-やかとじ)。臣籍にはいり,源姓となる。天長8年(831)従三位,翌年中納言。承和(じょうわ)11年(844)左大臣にのぼり,のち正二位。東三条左大臣とよばれる。容儀は上品,言論おだやかで大臣の器と評された。仁寿(にんじゅ)4年6月13日死去。43歳。贈正一位。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源常

没年:斉衡1.6.13(854.7.11)
生年:弘仁3(812)
平安初期の公卿。東三条左大臣と称される。正二位,嵯峨天皇と更衣飯高氏の娘の子。弘仁5(814)年,義兄信 らと源姓を賜って臣籍に下った賜姓一世源氏(いわゆる嵯峨源氏)。平安京の左京一条一坊に宅地を与えられた。父の天皇は「落ちつきはらった行動と品格さわやか」な常を特にかわいがったという。天長8(831)年,従三位(非参議)となり,翌年,参議を経ないで中納言に任じられ,承和11(844)年,33歳で左大臣に至るといった昇進ぶりであった。43歳で死去するまでの10年間は一の人として政治に関与し,「振る舞いは作法に叶って上品で,おだやかな物言い」と評された。死後,正一位を贈られた。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

源常の関連キーワード斉衡源常布勢内親王ケイコ・フジモリタイム・ワーナー米軍池子住宅地区・海軍補助施設走島と学校の統廃合斉衡勝持寺仁寿

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

源常の関連情報