コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源行宗 みなもとの ゆきむね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源行宗 みなもとの-ゆきむね

1064-1144* 平安時代後期の公卿(くぎょう),歌人。
康平7年生まれ。源基平の子。母は藤原良頼の娘。行尊(ぎょうそん)の同母弟。大蔵卿となり,保延(ほうえん)5年(1139)従三位。堀河朝から崇徳(すとく)朝歌壇にいたる長い歌歴をもち,「金葉和歌集」以下の勅撰集に27首はいっている。康治(こうじ)2年12月24日死去。80歳。家集に「行宗集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

源行宗の関連キーワード怡子内親王行海(2)兵衛佐局任覚

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android