天養(読み)テンヨウ

大辞林 第三版の解説

てんよう【天養】

年号(1144.2.23~1145.7.22)。康治の後、久安の前。近衛天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

てんよう【天養】

日本の元号(年号)。平安時代の1144年から1145年まで、近衛(このえ)天皇の代の元号。前元号は康治(こうじ)。次元号は久安(きゅうあん)。1144年(康治3)2月23日改元。1144年は甲子(かっし)の年にあたり、甲子は徳を備えた人に天命が下される革令(かくれい)の年とされることから、先例にならい甲子革令を防ぐ目的で改元が行われた(革年改元)。『後漢書(ごかんじょ)』を出典とする命名。天養年間は鳥羽(とば)上皇による院政が行われていた。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android