コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天養 テンヨウ

デジタル大辞泉の解説

てんよう〔テンヤウ〕【天養】

平安後期、近衛天皇の時の年号。1144年2月23日~1145年7月22日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんよう【天養】

年号(1144.2.23~1145.7.22)。康治の後、久安の前。近衛天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

てんよう【天養】

日本の元号(年号)。平安時代の1144年から1145年まで、近衛(このえ)天皇の代の元号。前元号は康治(こうじ)。次元号は久安(きゅうあん)。1144年(康治3)2月23日改元。1144年は甲子(かっし)の年にあたり、甲子は徳を備えた人に天命が下される革令(かくれい)の年とされることから、先例にならい甲子革令を防ぐ目的で改元が行われた(革年改元)。『後漢書(ごかんじょ)』を出典とする命名。天養年間は鳥羽(とば)上皇による院政が行われていた。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

天養の関連キーワード神奈川県三浦市初声町和田山形県西置賜郡飯豊町中極楽寺瓦経塚妍子内親王色葉字類抄西園寺実宗令子内親王頌子内親王宇佐公通大庭御厨藤原敦光藤原基房藤原光長中村宗平藤原顕輔中臣祐明大江維光後漢書青蓮院壬生家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android