コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天養 テンヨウ

3件 の用語解説(天養の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんよう〔テンヤウ〕【天養】

平安後期、近衛天皇の時の年号。1144年2月23日~1145年7月22日。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の元号がわかる事典の解説

てんよう【天養】

日本の元号(年号)。平安時代の1144年から1145年まで、近衛(このえ)天皇の代の元号。前元号は康治(こうじ)。次元号は久安(きゅうあん)。1144年(康治3)2月23日改元。1144年は甲子(かっし)の年にあたり、甲子は徳を備えた人に天命が下される革令(かくれい)の年とされることから、先例にならい甲子革令を防ぐ目的で改元が行われた(革年改元)。『後漢書(ごかんじょ)』を出典とする命名。天養年間は鳥羽(とば)上皇による院政が行われていた。

出典|講談社
日本の元号がわかる事典について | 情報

天養の関連キーワード天養ねんきん定期便奥義抄康治詞花和歌集青蓮院宇佐公通覚仁妍子内親王実範

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone