コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準占有 じゅんせんゆう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

準占有
じゅんせんゆう

物以外の財産権 (たとえば債権) を自己のためにする意思をもって行使することをいう (民法 205) 。権利占有ともいわれる。しかし身分についての準占有は認められない。準占有は物の占有に準じるものとされる。したがって物の占有と同じようにさまざまな効果が生じるのが原則であるが,与えられるべき占有の効果ごとに個別的に検討されなければならないものとされている。民法が準占有の効果として明文上認めているのは,債権の準占有者に対し弁済者が善意弁済を行なったときは有効なものとして保護される場合である (478条) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐せんゆう〔‐センイウ〕【準占有】

自己のためにする意思で、物以外の財産権を行使すること。占有に関する規定が準用される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんせんゆう【準占有】

〘法〙 自己のためにする意思をもって財産権を行使すること。占有と同じ効果が与えられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

準占有の関連キーワード時効

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android