無体財産権(読み)むたいざいさんけん(英語表記)immaterial property

日本大百科全書(ニッポニカ)「無体財産権」の解説

無体財産権
むたいざいさんけん
immaterial property
Immaterialgüterrecht ドイツ語

人間の知的創作である著作物、発明、デザインなどの無体物に対する財産権総称であり、不動産動産のような有体物に対する民法上の所有権(民法第206条)と区別する権利の概念。知的所有権や知的財産権ともいう。ドイツの法学者コーラーが提唱した無体財産権説Theorie des Immaterialgüterrechtが語源である。

[角田政芳 2021年4月16日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「無体財産権」の解説

むたい‐ざいさんけん【無体財産権】

〘名〙 知的創作物である発明や考案などの無形の財産的利益を、自分の意思だけで支配できる権利。特許権商標権実用新案権などの工業所有権のほか、著作権・商号権などを含む。精神的所有権。知的所有権。知的財産権。〔いろは引現代語大辞典(1931)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「無体財産権」の解説

むたいざいさんけん【無体財産権】

新規な創作に関する権利と営業上の信用に関する権利の総称。その具体的内容は次のとおりである。(1)新規な創作に関する権利 (a)著作権,(b)工業所有権(特許権,実用新案権,意匠権,種苗法上の権利,その他(例えば営業秘密))。(2)営業上の信用に関する権利(商標権,商号権,その他(不正競争防止法上の権利))。 古くは不動産が財産の中心であったが,近代に至り債権が重要な地位を占めるようになった。そして大量生産時代に入り,第3の財産として無体財産も重要な地位を占めるに至った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の無体財産権の言及

【所有権】より

…物とは有体物,たとえば動産・不動産をいう(民法85条)。この点で,所有権は無体物の支配権である無体財産権(特許権,意匠権,実用新案権,商標権,著作権など)と異なる。使用,収益,処分は所有権の効力の代表的な現象を指すのであって,所有権者は,このほか,たとえば改良,担保権設定その他,いわば自分の物であるからどんなことにでもそれを使うことができる。…

【著作権】より


[著作権]
 著作権は著作物の支配を目的とする排他的な権利であり,著作物の利用から生ずる経済的な利益の保護を目的とする財産権である。特許権や商標権などと同じく無体財産権ないしは知的所有権の一つである。この著作権を考えるのに,ドイツのように,人格権的な要素を含める立法例もあるが,日本の著作権法は著作権をもって財産権と定め,著作者人格権は別個の独立した権利と定めている(具体的には以下の権利をさす。…

【電子情報の知的所有権】より

…コンピュータープログラム,データベース,マルチメディア作品のように電子化された情報に関し,法律によって保証された著作権,工業所有権等の権利の総称。知的所有権は知的財産権と同義語であり,無体財産権ともいう。 一般に電子情報は,複製,ネットワーク上の送信やダウンロード,その内容を取り込んだ新たな電子情報の作成等,さまざまな利用がきわめて容易にできる点に特徴がある。…

※「無体財産権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android