コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶連菌と溶連菌感染症 ようれんきんとようれんきんかんせんしょう

1件 の用語解説(溶連菌と溶連菌感染症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ようれんきんとようれんきんかんせんしょう【溶連菌と溶連菌感染症】

 溶連菌は、溶血性(ようけつせい)レンサ球菌きゅうきん)の略称です。
 この菌は、血液を含んだ寒天培地で培養すると、赤血球(せっけっきゅう)を溶かす毒素をだし、顕微鏡で見ると、ピンポン球のような球形の菌が数珠(じゅず)つなぎに並んで連鎖状に見えるので、この名がつけられました。
 溶連菌感染症とは、この溶連菌が感染しておこる病気の総称で、
フルンケル、膿痂疹(のうかしん)などの皮膚の化膿性疾患(かのうせいしっかん)
中耳炎(ちゅうじえん)、乳様突起炎(にゅうようとっきえん)などの局所の化膿性疾患
③扁桃炎(へんとうえん)、咽頭炎(いんとうえん)などの上気道(じょうきどう)の急性炎症性疾患
猩紅熱(しょうこうねつ)、敗血症(はいけつしょう)などの全身性疾患
などいろいろあります。
 猩紅熱も、このようにたくさんある溶連菌感染症の1つです。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone