コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膿痂疹 ノウカシン

百科事典マイペディアの解説

膿痂疹【のうかしん】

膿疱(のうほう)と痂皮(かひ)(かさぶた)を主症状とする皮膚病の総称。白色ブドウ球菌による伝染性膿痂疹とびひ)と連鎖球菌性膿痂疹に大別される。後者は顔面,手足などの露出部に紅色小丘疹を生じ,膿疱化し,痂皮を形成するもので,治療はとびひに同じ。
→関連項目湿疹

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

のうかしん【膿痂疹】

ブドウ球菌・連鎖球菌などの感染により皮膚に化膿性病変を起こしたもので、膿疱とかさぶたが混在している。とびひはこの一種。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

膿痂疹
のうかしん

表皮内に浅い化膿を生じ、膿疱(のうほう)、びらん、痂皮(かひ)(かさぶた)を生ずる皮膚病変をいう。単に膿痂疹といえば伝染性膿痂疹をさす。ほかに、妊婦にみられる疱疹状膿痂疹や、第二期梅毒疹の梅毒性膿痂疹などがある。[野波英一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

膿痂疹の関連キーワード皮膚の変化をもたらす病気(デルマドローム)おもな皮膚病変の俗名と学名おとなのアトピー性皮膚炎伝染性膿痂疹(とびひ)皮膚のしくみとはたらき溶連菌と溶連菌感染症溶連菌感染症飛び火・飛火天疱瘡ただれ紅皮症膿皮症亜鉛華ヘブラ水疱胎毒飛火

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

膿痂疹の関連情報