膿痂疹(読み)ノウカシン

百科事典マイペディアの解説

膿痂疹【のうかしん】

膿疱(のうほう)と痂皮(かひ)(かさぶた)を主症状とする皮膚病の総称。白色ブドウ球菌による伝染性膿痂疹とびひ)と連鎖球菌性膿痂疹に大別される。後者は顔面,手足などの露出部に紅色小丘疹を生じ,膿疱化し,痂皮を形成するもので,治療はとびひに同じ。
→関連項目湿疹

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

膿痂疹
のうかしん

表皮内に浅い化膿を生じ、膿疱(のうほう)、びらん、痂皮(かひ)(かさぶた)を生ずる皮膚病変をいう。単に膿痂疹といえば伝染性膿痂疹をさす。ほかに、妊婦にみられる疱疹状膿痂疹や、第二期梅毒疹の梅毒性膿痂疹などがある。

[野波英一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

のう‐かしん【膿痂疹】

〘名〙 皮膚化膿症の一つ。表皮の水疱、膿疱、痂皮(かひ)(=かさぶた)の形成が主な症状。飛火(とびひ)は伝染性(水疱性)膿痂疹の俗称。
※育児読本(1931)〈田村均〉五五「これに次では飛び火(伝染性膿痂疹(ノウカシン))であります」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報