滅絶(読み)メツゼツ

デジタル大辞泉の解説

めつ‐ぜつ【滅絶】

[名](スル)ほろぼしなくすこと。また、ほろび絶えること。絶滅。
「旧国の名あるプラーテヤを―せんとする」〈竜渓経国美談

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めつぜつ【滅絶】

スル
ほろび絶えること。ほろぼし絶やすこと。絶滅。 政体を一朝にして奸党の為めに-せられ/経国美談 竜渓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めつ‐ぜつ【滅絶】

〘名〙 ほろび絶えること。ほろぼし絶やすこと。絶滅
史記抄(1477)一五「あまり思やうに兵をきわめたほどに滅絶したぞ」
※泰西国法論(1868)〈津田真道訳〉三「多頭の政治全く滅絶して止む耳」 〔史記‐司馬相如伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android