コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滋賀秀俊 しが ひでとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滋賀秀俊 しが-ひでとし

1902- 昭和時代の医師。
明治35年6月4日生まれ。東京帝大在学中に社会医学研究会にはいり,セツルメント活動に参加。のち東京大崎の無産者診療所を応援し,新興医師連盟を結成。昭和7年ロンドンに留学,眼科をまなぶ。18年台北帝大教授。戦後,国立公衆衛生院,WHO(世界保健機関)につとめた。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

滋賀秀俊の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android