コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝弥太郎 たき やたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滝弥太郎 たき-やたろう

1842-1906 幕末-明治時代の武士,司法官。
天保(てんぽう)13年4月15日生まれ。長門(ながと)(山口県)(はぎ)藩士松下村塾にまなび,高杉晋作,久坂玄瑞(くさか-げんずい)らと尊攘(そんじょう)運動をおこなう。文久3年奇兵隊総督となる。維新後は長崎,佐賀の地方裁判所判事,岡山地方裁判所長などを歴任。明治39年12月10日死去。65歳。名は厚徳。号は壕里。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

滝弥太郎

没年:明治39.12.10(1906)
生年天保13.4.15(1842.5.24)
幕末の長州(萩)藩の志士。名は厚徳,弥太郎は通称。長州藩八組士滝茂兵衛の子として萩に生まれる。禄高70石。安政5(1858)年松下村塾に入り,吉田松陰に学ぶ。文久2(1862)年,高杉晋作,久坂玄瑞らの攘夷血盟に加わるなど尊攘運動に奔走。翌年9月,河上弥市と共に奇兵隊の総督となり,翌元治1(1864)年2月まで務めた。慶応2(1866)年の幕長戦争では石州口に戦い,功を立てた。明治以後は,長崎,佐賀の地方裁判所判事,大阪控訴院部長,岡山地方裁判所長などを歴任した。

(三宅紹宣)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

滝弥太郎の関連キーワード赤根武人明治時代司法官没年

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android