漏失(読み)ろうしつ

精選版 日本国語大辞典 「漏失」の意味・読み・例文・類語

ろう‐しつ【漏失】

〘名〙
① もれてなくなること。もれおちること。ろしつ。
※三代格‐三・大同三年(808)七月四日「冝其燈分稲停国司。〈略〉僧綱亦加検校。立為恒例漏失」 〔後漢書‐鄭康成伝〕
② 睡眠中に射精すること。夢精。ろしつ。〔日葡辞書(1603‐04)〕

ろ‐しつ【漏失】

〘名〙 =ろうしつ(漏失)色葉字類抄(1177‐81)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通 「漏失」の読み・字形・画数・意味

【漏失】ろうしつ

もれ誤り。〔後漢書、玄伝論〕異端紜(ふんうん)、~家り。玄、大典を(くわつなう)し、衆家を羅し、(はんぷ)を刪裁(さんさい)し、漏失を刊改す。れより學(ほぼ)歸するを知る。

字通「漏」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

特別抗告

(1) 民事訴訟法上,通常の不服申立が認められていない決定,または命令に対して直接最高裁判所に提起する抗告。この制度は,最高裁判所の違憲審査権を保障しようとするものであるため,原裁判に憲法解釈上の誤り...

特別抗告の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android