夢精(読み)ムセイ

  • 夢精 night pollution

百科事典マイペディアの解説

遺精の一種。睡眠中,無意識に精液をもらすこと。欲情的な夢を伴うことが多いのでこの名がある。
→関連項目射精

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

夜間,無意識のうちに射することを夜間遺精という。このうち性的な夢をみながら快感を伴って精液をもらす場合をとくに夢精と呼んでいる。青年で禁欲が長く続いた場合は正常とみなすことができるが,頻繁に起こる場合,とくに一夜に何回も起こるのは病的で,性的神経症,後部尿道・精阜・前立腺の炎症,脊髄射精中枢の興奮などが原因となっている。【小磯 謙吉】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 睡眠中に性的な快い夢とともに快感を伴って射精が起こること。多くは生理的なものだが、過労、神経衰弱なども原因となる。夢遺。〔新しき用語の泉(1921)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の夢精の言及

【思春期医学】より


[思春期の体の特徴]
 ホルモンの面からみると,女性は男性よりも早く,7~8歳ごろから性ホルモンの分泌が開始し,9~10歳ごろから乳房発育や腋毛や陰毛の発生が徐々に進行し,12~14歳ごろに初潮(初経)がみられ,しだいに月経周期が順調になるようになって,およそ18歳ごろにほぼ完成をみる。一方,男性はやや遅く,9~10歳ごろから性ホルモンの分泌が始まり,12歳ごろから陰茎発育や腋毛,陰毛,ひげなどの発生がみられるようになって,14~15歳ごろに夢精を経験し,生殖能力を獲得するが,完成するのは女性よりも遅く,20歳ごろまで要する場合もある。このように男女とも12~14歳ごろには一応の生殖能力を備えるようになるが,精神的に未熟なために,一人前の成人として扱うことはできない。…

※「夢精」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android