(読み)ロウ

デジタル大辞泉「漏」の解説

ろう【漏】[漢字項目]

常用漢字] [音]ロウ(漢) ロ(慣) [訓]もる もれる もらす
〈ロウ〉
液体などがすきまからもれる。「漏洩ろうえい漏出漏水漏電漏斗ろうと歯槽膿漏しそうのうろう
必要な物事が抜け落ちる。手落ち。「遺漏欠漏杜漏ずろう疎漏脱漏
水時計。「漏壺ろうこ漏刻砂漏夜漏
〈ロ〉煩悩ぼんのう。「有漏うろ無漏
[難読]漏斗じょうご

ろ【漏】

仏語。流れて漏れ出てくるけがれ。煩悩ぼんのうのこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「漏」の解説

く・く【漏】

〘自カ四〙 くぐる。をくぐりぬける。もれる。
※古事記(712)上「我が手俣(たなまた)より久岐(クキ)し子ぞ」
※万葉(8C後)一七・三九一一「あしひきの山辺に居ればほととぎす木の間立ち久吉(クキ)鳴かぬ日はなし」

ろう【漏】

〘名〙 「ろうこく(漏刻)」の略。
※菅家文草(900頃)二・過大使房賦雨後熱「笑不夜漏夢到故山雲」 〔説文‐巻一一下〕

も・りる【漏】

〘自ラ上一〙 も・る 〘自ラ上二〙 =もる(漏)
古今六帖(976‐987頃)五「夏衣うすき心と聞くからに言の葉さへやもりむとぞ思ふ」

ろ【漏】

〘名〙 仏語。漏れ出るものの意で、煩悩の異名。
法華義疏(7C前)一「諸漏已尽無復煩悩者、嘆羅漢不生徳」 〔法華経‐序品〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android