コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潟沼 カタヌマ

デジタル大辞泉の解説

かた‐ぬま【潟沼】

宮城県北西部、鳴子温泉の南にある湖。胡桃(くるみ)ヶ岳(標高461メートル)の南斜面にできたカルデラ湖湖水は強酸性で、魚類が生息しない。面積0.15平方キロメートル。鳴子温泉源の一。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潟沼
かたぬま

宮城県北西郡、大崎(おおさき)市の鳴子(なるこ)温泉南域にある湖。日本ではもっとも酸性が強い(pH1.4)。湖面標高306メートル、水深3~4メートル、周囲約1.3キロメートルの楕円(だえん)形をしている。鳴子火山の噴出により形成された火口湖で、鳴子温泉源の一つである。[後藤雄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

潟沼の関連キーワード宮城県大崎市鳴子温泉湯元宇都宮遯庵岡島冠山酸栄養湖

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android