潤い(読み)ウルオイ

デジタル大辞泉「潤い」の解説

うるおい〔うるほひ〕【潤い】

適度の水分を含むこと。しめり。「肌の潤いを保つ」
落ち着きのある味わい。精神面で、ゆとりがみられること。情味。「心の潤い」「潤いのある文章」
金銭的に余裕ができること。豊かになること。「暮らしに潤いが生まれる」
恵み。恩恵。「天来の潤いを受ける」
[類語]湿気湿り気水分水気湿度湿り湿潤多湿潤う潤す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android