コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湿り シトリ

デジタル大辞泉の解説

しとり【湿り】

しめること。また、しめり。
「地面には夜露の―が未だ乾かぬくらいで」〈秋声・黴〉

しめり【湿り】

しめること。水分を少し含んでいること。湿気。「乾燥剤で湿りを防ぐ」「手に湿りをくれる」
雨が降ること。適度な量の雨。→おしめり

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しとり【湿り】

しとること。しめり。 「穢い部屋の中は殊更ら-が強く来るやうに思へた/或る女 武郎

しめり【湿り】

しめること。水気。湿気。 「 -を帯びる」 「 -をくれる」
雨が降ること。 → おしめり
火の消えること。火事が鎮火すること。 → 湿り半

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

湿りの関連キーワードカラコギカエデ(唐子木楓)wet tissueレンリソウ(連理草)フウセンモ(風船藻)デ・スカルツォまぶた(瞼)乾燥注意報やまのいも絞り熱量計生い先遠しパナマソウイヌガラシしっぽり内田秀雄しっとり気流乾燥しめじめシシラン土壌消毒アオダモ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湿りの関連情報