潤筆料(読み)じゅんぴつりょう

精選版 日本国語大辞典「潤筆料」の解説

じゅんぴつ‐りょう ‥レウ【潤筆料】

〘名〙 書画や文章などをかいた報酬揮毫料(きごうりょう)潤筆
※日本風景論(1894)〈志賀重昂〉九「是れ此の壁上に掲ぐる書幅の潤筆料を以て蕎麦を購はんと期したればなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の潤筆料の言及

【原稿料】より

…高額原稿料の作家を時代順にみると菊池寛,吉川英治,松本清張らが代表的である。印税【松浦 総三】
[近世の稿料]
 近世で原稿執筆に潤筆料として本屋が謝礼金を支払った例で,資料上少し明瞭に判明するのは幕末の曲亭馬琴である。読本では《南総里見八犬伝》が1冊につき金4両であった。…

※「潤筆料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android