コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潤筆料 ジュンピツリョウ

デジタル大辞泉の解説

じゅんぴつ‐りょう〔‐レウ〕【潤筆料】

書画をかいたことに対する謝礼金品

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんぴつりょう【潤筆料】

書画や文章をかいた報酬。揮毫料きごうりよう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の潤筆料の言及

【原稿料】より

…高額原稿料の作家を時代順にみると菊池寛,吉川英治,松本清張らが代表的である。印税【松浦 総三】
[近世の稿料]
 近世で原稿執筆に潤筆料として本屋が謝礼金を支払った例で,資料上少し明瞭に判明するのは幕末の曲亭馬琴である。読本では《南総里見八犬伝》が1冊につき金4両であった。…

※「潤筆料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

潤筆料の関連キーワード筆料書画

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android