潤筆(読み)じゅんぴつ

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅん‐ぴつ【潤筆】

〘名〙
① 筆で書画などをかくこと。
※実隆公記‐永正六年(1509)九月七日「近曾特賜号両人潤筆之余慶賀酒云々」 〔隋書‐鄭訳伝〕
※玉塵抄(1563)三八「ここらにも人の為に物をかいて礼をとることを潤筆と云ぞ」 〔宋史‐王禹偁伝〕
③ 水墨画の技法の一つ。墨をたっぷり筆に染みこませて描く技法。
※鳥追阿松海上新話(1878)〈久保田彦作〉「畢に此大団円に終焉を示す長譚(ながものがたり)常磐の色を潤筆(ジュンピツ)に猶染脱し」
※真贋の森(1958)〈松本清張〉八「近景や遠景を表わす渇筆と潤筆の使い分け」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android