コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮切り シオキリ

デジタル大辞泉の解説

しお‐きり〔しほ‐〕【潮切り】

江戸後期の荷船の、舷外に突出した船梁の前面につけた三角形のあて木。水切り。
和船の水押(みよし)の水中部分。水切り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しおきり【潮切り】

和船の荷船で、波を避けるために、艪床ろどこの外側につけるもの。浪なみ切り。
和船で、水押みよしの水中にある部分。浪なみ切り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

潮切りの関連キーワード三角形能取湖荷船船梁和船

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android