コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水切り ミズキリ

デジタル大辞泉の解説

みず‐きり〔みづ‐〕【水切り】

[名](スル)
水分を取り去ること。また、そのための用具。「といだ米を水切りする」「水切りかご」
小石を水面に水平方向に投げ、石が水の上をはねて飛ぶのを楽しむ遊戯。
生け花で、水揚げの方法の一。空気が茎の中に入らないように花材を水中で切ること。
茶道で、ひしゃくに湯または水をすくって運ぶとき、しずくが落ちないようにすること。
建築で、窓台など突出する部分の下方につけておく溝。雨水が壁に伝わってくるのを防ぐ。
潮切(しおき)り」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

リフォーム用語集の解説

水切り

窓の下枠部分や(ひさし)の先端などに設けられるL型雨仕舞用金物。雨水が外壁面や庇の裏面などにまわり込み、内部に侵入するのを防ぐためなどに用いられる。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

みずきり【水切り】

( 名 ) スル
水気を除き去ること。
洗った食器などの水分を取り去るために入れておくかご。
建築で、雨水が壁の方に回り込むのを防ぐために、コンクリート庇などの下端につけた溝。また、敷居に排水のためにつけた溝もいう。
和船の舵の軸にとりつけ操舵力を軽くする材。しおきり。
水面に向かって小石を水平に投げ、石が水面を跳びはねて進むのを楽しむ遊び。
生け花で、水揚げのために花材の下部を、水の中で切ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

水切りの関連キーワード根利のスズしょうぎ小屋名のショウケペルトン水車クリッパー船たたみいわし三角コーナーダブルシンクポン・ヌフがんもどきクサヤモロコランダー南禅寺揚げアリサルムしらす干し擬製豆腐キャビアコーニスこのわた水押・舳友志良賀

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水切りの関連情報