水切り(読み)ミズキリ

デジタル大辞泉の解説

みず‐きり〔みづ‐〕【水切り】

[名](スル)
水分を取り去ること。また、そのための用具。「といだ米を水切りする」「水切りかご」
小石を水面に水平方向に投げ、石が水の上をはねて飛ぶのを楽しむ遊戯。
生け花で、水揚げの方法の一。空気が茎の中に入らないように花材を水中で切ること。
茶道で、ひしゃくに湯または水をすくって運ぶとき、しずくが落ちないようにすること。
建築で、窓台など突出する部分の下方につけておく溝。雨水が壁に伝わってくるのを防ぐ。
潮切(しおき)り」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みずきり【水切り】

( 名 ) スル
水気を除き去ること。
洗った食器などの水分を取り去るために入れておくかご。
建築で、雨水が壁の方に回り込むのを防ぐために、コンクリート庇などの下端につけた溝。また、敷居に排水のためにつけた溝もいう。
和船の舵の軸にとりつけ操舵力を軽くする材。しおきり。
水面に向かって小石を水平に投げ、石が水面を跳びはねて進むのを楽しむ遊び。
生け花で、水揚げのために花材の下部を、水の中で切ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水切りの関連情報