コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮津波 しおつなみtidal bore

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潮津波
しおつなみ
tidal bore

ボーア,タイダルボーア,暴漲湍 (ぼうちょうたん) ともいう。水の前面がほぼ垂直の壁になって瀑布のような様相を呈しながら進む現象。中国の銭塘江口のボーアは名高い。潮汐波が河口から入るところでこの現象がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しお‐つなみ〔しほ‐〕【潮津波】

満潮のとき、波の前面が垂直の壁のようになって河川をさかのぼる現象。潮の満ち干の激しい河口などに生じる。中国の銭塘江(せんとうこう)などが有名。海嘯(かいしょう)。ボーア。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

潮津波の関連キーワードボア(潮津波)東シナ海感潮河川ポロロカ満潮

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android