潮田益子(読み)うしおだ ますこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

潮田益子 うしおだ-ますこ

1942-2013 昭和後期-平成時代のバイオリニスト。
昭和17年4月4日満州(中国東北部)奉天(現瀋陽)生まれ。桐朋学園子供のための音楽教室をへて桐朋学園女子高に学び,小野アンナ,斎藤秀雄らに師事。卒業後ソ連などに留学。ワイマンシゲティに師事。昭和38年エリザベート王妃国際音楽コンクール入賞,41年チャイコフスキー国際コンクール2位。国際的なソリストとして活動。ボストンニューイングランド音楽院教授として後進の指導にもあたり,サイトウ・キネン・オーケストラなどの中心メンバーとしても活躍した。平成25年5月28日死去。71歳。レニングラード音楽院卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

潮田益子【うしおだますこ】

ヴァイオリニスト。旧満州国奉天市(中国瀋陽市)に生まれる。斎藤秀雄吉田秀和らの桐朋学園子供のための音楽学校で学び,13歳で東京交響楽団との共演で演奏家デビュー。雙葉学園中等部をへて桐朋学園高校で小野アンナ,斎藤秀雄に師事,同校を卒業後,レニングラード音楽院に留学,1963年エリザベート王妃国際音楽コンクールで5位に入賞,1964年から,スイスのモントルーでヨーゼフ・シゲティに師事した。1966年チャイコフスキー国際コンクールで2位に入り世界的に注目された。ロンドン交響楽団シカゴ交響楽団ボストン交響楽団等と共演,アメリカで最も古い音楽大学であるボストンのニューイングランド音楽院の教授を務めた。小澤征爾率いるサイトウ・キネン・オーケストラや水戸室内管弦楽団の主要メンバーでもあった。2013年5月マサチューセッツ州ケンブリッジで,白血病で死去した。夫はニューイングランド音楽院の元学長でチェリストのローレンス・レッサー。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の潮田益子の言及

【チャイコフスキー国際音楽コンクール】より

…おもな入賞者には,ピアノのバン・クライバーン(1958),ウラジーミル・アシケナージ(1962),バイオリンのギドン・クレメル(1970),声楽のエレーナ・オブラスツォワ(1970)らがいる。日本人ではバイオリンの潮田益子(1966),チェロの岩崎洸(1970)らが入賞している。【成沢 玲子】。…

※「潮田益子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android