コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田秀和 よしだひでかず

5件 の用語解説(吉田秀和の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田秀和
よしだひでかず

[生]1913.9.23. 東京,東京
[没]2012.5.22. 神奈川,鎌倉
音楽評論家。旧制成城高等学校在学中にドイツ語教師阿部六郎のもとで中原中也と知り合う。また吉田一穂やのちに小林秀雄などとも交流をもつ。東京帝国大学仏文科に進み,卒業後は内務省の嘱託,第2次世界大戦中は情報局に所属した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よしだ‐ひでかず【吉田秀和】

[1913~2012]音楽評論家・随筆家。東京の生まれ。内務省文部省などを経て音楽評論家に。ラジオパーソナリティー音楽教育にも力を注ぎ、小沢征爾らを育てた。昭和50年(1975)評論集「吉田秀和全集」で大仏次郎(おさらぎじろう)賞を受賞。平成18年(2006)に文化勲章

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吉田秀和【よしだひでかず】

批評家。日本の音楽評論を批評の域に高める優れた批評的エッセイを残した。東京日本橋生まれ。外科医の父が小樽の病院長に就任したため,少年期を小樽で過ごす。小樽市中学で伊藤整に英語を習う。
→関連項目潮田益子諸井誠

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田秀和 よしだ-ひでかず

1913-2012 昭和後期-平成時代の音楽評論家。
大正2年9月23日生まれ。昭和21年「モーツァルト」の評論で注目をあつめる。23年斎藤秀雄らと桐朋学園大音楽学部の母体となる「子供のための音楽教室」を設立,32年「二十世紀音楽研究所」を設立するなど実践的な活動もおこなう。日本の音楽評論の水準をたかめ,また美術・文明批評でも知られる。50年「吉田秀和全集」で大仏(おさらぎ)次郎賞。平成2年水戸芸術館初代館長。8年文化功労者。18年文化勲章。平成24年5月22日死去。98歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「二十世紀の音楽」「音楽紀行」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵miniの解説

吉田秀和

音楽評論家、随筆家。1913年9月23日生まれ。日本の音楽評論の先駆者であり第一人者。文学や美術などにも深い造詣を示した。48年、「子供のための音楽教室」を開設、初代室長となる(一期生に世界的音楽家小澤征爾中村紘子らがいる)。75年、日本の音楽評論家として初の個人全集を刊行し、同年の大佛次郎賞を受賞(2004年までに全24巻が発行される)。82年、紫綬褒章受章。96年、文化功労者となり、06年、文化勲章受章。12年5月22日、急性心不全のため死去。享年98。代表作「モーツァルト」「マネの肖像」など。

(2012-07-09)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田秀和の関連キーワード伊庭孝安倍寧大田黒元雄園部三郎田辺秀雄寺西春雄野村光一松本太郎村田武雄山根銀二

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉田秀和の関連情報