コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤秀雄 サイトウヒデオ

6件 の用語解説(斎藤秀雄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さいとう‐ひでお〔‐ひでを〕【斎藤秀雄】

[1902~1974]音楽教育家・チェロ奏者・指揮者。東京の生まれ。ドイツに二度留学。第二次大戦後は後進の指導に尽力、すぐれた門下生を多数育成した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

斎藤秀雄【さいとうひでお】

チェロ奏者,指揮者。東京出身。1923−1927年ライプチヒ音楽院でクレンゲルにチェロを学び,帰国後新交響楽団(現在のNHK交響楽団)首席チェロ奏者を経て,ベルリン高等音楽学校で世界的チェロ奏者のフォイアマンに師事。
→関連項目潮田益子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤秀雄 さいとう-ひでお

1902-1974 昭和時代のチェロ奏者,指揮者,音楽教育家。
明治35年5月23日生まれ。斎藤秀三郎の子。ドイツに留学後,新交響楽団(現N響)の首席チェロ奏者。昭和16年退団,指揮者に転じる。23年「子供のための音楽教室」を創設,36年桐朋(とうほう)学園大へと発展させ,教授。小沢征爾(せいじ),堤剛(つよし)らをそだてた。48年文化功労者。昭和49年9月18日死去。72歳。東京出身。上智大中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

さいとうひでお【斎藤秀雄】

1902‐74(明治35‐昭和49)
指揮者,チェロ奏者,音楽教育者。上智大学を卒業後,1923‐27年ライプチヒ音楽院に留学してJ.クレンゲルについてチェロを学ぶ。帰国して新交響楽団(現,NHK交響楽団)首席チェロ奏者となり,30年からベルリン高等音楽学校に留学,2年間フォイアマンに師事した。帰国後新交響楽団に復帰したが,41年退団して翌年から指揮者として活動。48年〈子供のための音楽教室〉を開設,55年〈教室〉が桐朋音楽短大(7年後,大学)として開校すると同時に教授に,ついで学長に就任,一貫して後進の育成に力を注ぎ,日本音楽界の飛躍的発展の基礎を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さいとうひでお【斎藤秀雄】

1902~1974) 音楽教育家。東京生まれ。新交響楽団の首席チェロ奏者・指揮者をつとめ、戦後は「子供のための音楽教室」(のちの桐朋学園大学)を開設。多くの音楽家を育成した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斎藤秀雄
さいとうひでお
(1902―1974)

指揮者、チェロ奏者、音楽教育者。東京生まれ。上智(じょうち)大学で学んだのち、1923~27年(大正12~昭和2)ライプツィヒ音楽院でクレンゲルに、30~32年ベルリン音楽大学でフォイアマンにチェロを学び、帰国後は41年まで新交響楽団の首席チェロ奏者を務めた。42年からは指揮者に転じ、日本の作品の初演もしばしば手がけた。第二次世界大戦後は48年(昭和23)に音楽の早期教育を目ざした「子供のための音楽教室」を開設して桐朋(とうほう)学園大学の基礎を築き、72年まで教授・学長として後進の育成に力を注いだ。門下からは指揮の小沢征爾(せいじ)、チェロの堤剛(つよし)、バイオリンの前橋汀子(ていこ)ら多くの音楽家を輩出させた。73年文化功労者。[川口明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斎藤秀雄の関連キーワード上智大学ロストロポービチ音楽家早慶上智ル・コンセール・ダストレ倉田高グレーデナークレンゲル, ユリウスシュミット, フランツトルトリエ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斎藤秀雄の関連情報