コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤秀雄 サイトウヒデオ

デジタル大辞泉の解説

さいとう‐ひでお〔‐ひでを〕【斎藤秀雄】

[1902~1974]音楽教育家・チェロ奏者・指揮者。東京の生まれ。ドイツに二度留学。第二次大戦後は後進の指導に尽力、すぐれた門下生を多数育成した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

斎藤秀雄【さいとうひでお】

チェロ奏者,指揮者。東京出身。1923−1927年ライプチヒ音楽院でクレンゲルにチェロを学び,帰国後新交響楽団(現在のNHK交響楽団)首席チェロ奏者を経て,ベルリン高等音楽学校で世界的チェロ奏者のフォイアマンに師事。
→関連項目潮田益子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤秀雄 さいとう-ひでお

1902-1974 昭和時代のチェロ奏者,指揮者,音楽教育家。
明治35年5月23日生まれ。斎藤秀三郎の子。ドイツに留学後,新交響楽団(現N響)の首席チェロ奏者。昭和16年退団,指揮者に転じる。23年「子供のための音楽教室」を創設,36年桐朋(とうほう)学園大へと発展させ,教授。小沢征爾(せいじ),堤剛(つよし)らをそだてた。48年文化功労者。昭和49年9月18日死去。72歳。東京出身。上智大中退。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さいとうひでお【斎藤秀雄】

1902‐74(明治35‐昭和49)
指揮者,チェロ奏者,音楽教育者。上智大学を卒業後,1923‐27年ライプチヒ音楽院に留学してJ.クレンゲルについてチェロを学ぶ。帰国して新交響楽団(現,NHK交響楽団)首席チェロ奏者となり,30年からベルリン高等音楽学校に留学,2年間フォイアマンに師事した。帰国後新交響楽団に復帰したが,41年退団して翌年から指揮者として活動。48年〈子供のための音楽教室〉を開設,55年〈教室〉が桐朋音楽短大(7年後,大学)として開校すると同時に教授に,ついで学長に就任,一貫して後進の育成に力を注ぎ,日本音楽界の飛躍的発展の基礎を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さいとうひでお【斎藤秀雄】

1902~1974) 音楽教育家。東京生まれ。新交響楽団の首席チェロ奏者・指揮者をつとめ、戦後は「子供のための音楽教室」(のちの桐朋学園大学)を開設。多くの音楽家を育成した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斎藤秀雄
さいとうひでお
(1902―1974)

指揮者、チェロ奏者、音楽教育者。東京生まれ。上智(じょうち)大学で学んだのち、1923~27年(大正12~昭和2)ライプツィヒ音楽院でクレンゲルに、30~32年ベルリン音楽大学でフォイアマンにチェロを学び、帰国後は41年まで新交響楽団の首席チェロ奏者を務めた。42年からは指揮者に転じ、日本の作品の初演もしばしば手がけた。第二次世界大戦後は48年(昭和23)に音楽の早期教育を目ざした「子供のための音楽教室」を開設して桐朋(とうほう)学園大学の基礎を築き、72年まで教授・学長として後進の育成に力を注いだ。門下からは指揮の小沢征爾(せいじ)、チェロの堤剛(つよし)、バイオリンの前橋汀子(ていこ)ら多くの音楽家を輩出させた。73年文化功労者。[川口明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

斎藤秀雄の関連キーワードポルトガル文学正岡子規熱雲古学派朝鮮映画森田療法藤田敏八怨歌橋百景キューティーハニー三木武夫

斎藤秀雄の関連情報