潰瘍病(読み)カイヨウビョウ

百科事典マイペディアの解説

潰瘍病【かいようびょう】

植物の病気。植物病原細菌キサントモナス・キャンペストリスによる柑橘(かんきつ)類,およびコリネバクテリウム属細菌によるトマト,チューリップに発症する。いずれも茎,葉,果実の皮部に潰瘍状の病斑を生じる。この他に植物病原細菌フザリウム・ソラニによるサツマイモ潰瘍病などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かいよう‐びょう クヮイヤウビャウ【潰瘍病】

〘名〙 かんきつ類を侵す細菌性の病気の一つ。新芽若葉を侵し、傷口からも感染する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android