コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬戸助 せとすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬戸助 せとすけ

?-? 江戸時代前期の陶工。
伊予(いよ)松山藩主松平定行が明暦4年(1658)隠退し,東野(ひがしの)の別荘に窯をもうけたとき尾張(おわり)(愛知県)瀬戸よりまねかれた。また天保(てんぽう)4年(1833)の「武鑑」に江戸西紺屋(にしこんや)町にすむ徳川家茶碗師として瀬戸助の名がある。ほかに伊勢(いせ),越前(えちぜん),加賀など各地に瀬戸助の名がつたわる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

瀬戸助の関連キーワード陶工

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android