瀬戸助(読み)せとすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬戸助 せとすけ

?-? 江戸時代前期の陶工。
伊予(いよ)松山藩主松平定行が明暦4年(1658)隠退し,東野(ひがしの)の別荘に窯をもうけたとき尾張(おわり)(愛知県)瀬戸よりまねかれた。また天保(てんぽう)4年(1833)の「武鑑」に江戸西紺屋(にしこんや)町にすむ徳川家茶碗師として瀬戸助の名がある。ほかに伊勢(いせ),越前(えちぜん),加賀など各地に瀬戸助の名がつたわる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android