コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武鑑 ぶかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武鑑
ぶかん

江戸時代,諸大名旗本のすべてについて出身,格式,職務石高家紋など,武家の大要がわかるように列挙した刊行物。「大名武」と「旗本武鑑」に分れる。寛永年間 (1624~44) に出た『治代普顕記』所収のものが原型といわれる。正保4 (47) 年に出た『正保武鑑』が形式の整ったもので,慶安4 (51) 年の『大名武士鑑』や貞享5 (88) 年の『本朝武鑑』などが有名。正徳6 (1716) 年江戸の人で須原屋茂兵衛の出した『正徳武鑑』以後は,毎年改版再刊され出雲寺版と競争した。刊行当時職員録としての需要にこたえたことはいうまでもないが,後世の研究にも便利で,森鴎外や野村胡堂は常に座右に置いて執筆した。江戸時代の武鑑を集大成したものとして橋本博編『大武鑑』 (13冊,1935~36) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐かん【武鑑】

江戸時代、諸大名・旗本の氏名禄高系図居城・家紋や主な臣下の氏名などを記した本。毎年改訂して出版された。「正保武鑑」「江戸鑑」「本朝武鑑」などの類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

武鑑【ぶかん】

江戸時代の大名・幕府役職者の系譜・紋・格式・石高・職務・所領・居城・邸・献上品目等が一覧できる書物の総称。1647年の《正保(しょうほう)武鑑》が古く,1688年の《本朝武鑑》は有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶかん【武鑑】

江戸時代,諸大名の氏名,本国,居城,石高,官位,家系,相続,内室参勤交代の期日,献上および拝領品目,家紋,旗指物重臣などを掲載した小型本。寛永年間(1624‐44)の《治代普顕記》所収の〈日本六十余州知行高一万石以上〉の一編先蹤であるが,形態が整ったのは《正保武鑑》(1647)で,《大名武士鑑》(1651年,江戸日本橋中野仁兵衛刊),《知行附》(1656年,伊勢屋刊),《江戸鑑》(1659)などが早いものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶかん【武鑑】

江戸時代、大名や旗本の姓名・出自・紋所・職務・石高・家臣の氏名などをまとめた名鑑。「大名武士鑑」「本朝武鑑」「太平武鑑」などの類。江戸前期より幕末まで民間書肆しよしにより逐次改訂・出版された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武鑑
ぶかん

江戸時代に刊行された大名・旗本・幕府役人の名鑑をいう。それぞれ「大名武鑑」、「旗本武鑑」(『国字分名集(こくじぶんめいしゅう)』)、「御役(おやく)武鑑」とも称し、民間の書肆(しょし)によって刊行された。幕府編纂(へんさん)の「分限(ぶんげん)帳」とは類を異にする。体裁は半紙半截(はんせつ)の縦本(たてぼん)4冊(巻1・巻2は「御大名衆」、巻3は「御役人衆」、巻四は「西御丸附(にしおまるづき)」)を典型とし、ほかに折本(おりほん)や懐中(かいちゅう)本などがあった。そこには大名の場合は、本姓、本国、系図、姓名、席次、家督、官位、内室、嫡子(ちゃくし)、参勤、時献上、家紋、槍印(やりじるし)、纏(まとい)、屋敷地、菩提寺(ぼだいじ)、家臣、石高(こくだか)、封地、里程、城主歴代、旗本の場合は本姓、本国、家紋、石高、屋敷地、姓名、役人の場合は役名、支配、役席、役高、本人および父親の姓名、石高、前職、分掌、就任年次、家臣、屋敷地、家紋、槍印などが記載されている。
 幕藩体制の確立する寛永(かんえい)・正保(しょうほう)(1624~48)のころから内容の簡単なものがみえ始め、明暦(めいれき)の大火(1657)後まもなく『大名御紋尽(ごもんづくし)』『江戸鑑(かがみ)』が刊行されて、後世武鑑の体裁が整った。『武鑑』の名称も、1685年(貞享2)松会刊行の『本朝武鑑』を初見とするという。この直後の元禄(げんろく)年間(1688~1704)その刊行はにわかに盛んとなるが、享保(きょうほう)(1716~36)以降、大書肆須原(すはら)屋刊行の年号を表題に付した武鑑、幕府御書物師出雲寺(いずもじ)刊行の『大成武鑑』に代表されるようになる。武家社会の情報をてっとり早く得たい庶民、国元への土産(みやげ)にしたい江戸勤番の武士など、買い求める者は多かった。しかし、私版であるうえに人事異動や屋敷替えなどその都度(つど)の訂正には限界もあり、記載内容には正確さを欠くきらいがあった。それでも今日、武家社会の研究にしばしば利用され、活字化されたものもある。[北原章男]
『橋本博編『大武鑑』全13冊(1935・大洽社/復刻版・全3巻・1965・名著刊行会) ▽石井良助監修『文化武鑑』全7巻(1981~82・柏書房) ▽石井良助監修『文政武鑑』全5巻(1982~92 ・柏書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の武鑑の言及

【本屋】より

…江戸ははじめ上方有力本屋の出店が多かったが,18世紀後半から江戸で成長した本屋が活躍した。《武鑑》や江戸地図,さらに漢学・蘭学の本を出した須原屋茂兵衛とその一門,歌麿や写楽の浮世絵を刊行し,黄表紙にベストセラーを出した蔦屋重三郎(つたやじゆうざぶろう)など特色ある本屋が現れた。江戸の本屋は19世紀初めで80軒ほどであった。…

※「武鑑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

武鑑の関連キーワード出雲寺和泉掾(2代)須原屋茂兵衛(4代)堆朱楊成(16代)松井新左衛門松会三四郎坂田諸遠江戸町鑑片山良庵御用町人石川流宣雲上明覧大西定林淡海三麿付家老奈良派政体書徳山藩瀬戸助分限帳紋所

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武鑑の関連情報