コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬沼夏葉 せぬま かよう

2件 の用語解説(瀬沼夏葉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬沼夏葉 せぬま-かよう

1875-1915 明治-大正時代の翻訳家。
明治8年12月11日生まれ。瀬沼恪三郎(かくさぶろう)の妻。10歳でロシア正教会ニコライ女子神学校にはいり,ロシア語をまなび,尾崎紅葉に文章指導をうける。チェーホフの作品をロシア語から直接翻訳,明治41年「露国文豪チエホフ傑作集」を出版した。大正4年2月28日死去。41歳。群馬県出身。旧姓は山田。本名は郁子(いくこ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

瀬沼夏葉

没年:大正4.2.28(1915)
生年:明治8.12.11(1875)
明治大正時代の翻訳家。群馬県生まれ。父は山田勘次郎,母はよか。本名は郁子。実家が高崎正教会の信者の草分けで,ニコライ女子神学校を修了。このころ教会の婦人矯風誌『裏錦』(1892~1907)に多数寄稿。婦徳の養成を唱道するが,その一方で「女子は卑しきために男子に従ふにあらず」と男女の優劣なきことを主張。ロシア文学に感動し,のち夫である瀬沼恪三郎よりロシア語を習得する。また尾崎紅葉の弟子となり,夏葉の号で師との共訳でチェーホフの作品を紹介。日本初のロシア語からの直接訳でチェーホフを正確に翻訳した先駆者としての意義は大きい。晩年『青鞜』の賛助員として婦徳の呪縛から自己を解放せんと果敢に生きるが早世した。訳書に『チエホフ傑作集』(1908)などがある。

(杉山秀子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀬沼夏葉の関連キーワード大塚勇三加藤紫芳佐藤亮一(1)佐藤緑葉白木茂須藤嘉吉妹尾アキ夫千葉掬香葉住利蔵保篠竜緒

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone