コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬沼恪三郎 せぬま かくさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬沼恪三郎 せぬま-かくさぶろう

1868-1945 明治-昭和時代前期の神学者。
慶応4年6月27日生まれ。瀬沼夏葉の夫。明治23年ロシアに留学し,キエフ神学大にまなぶ。帰国後,正教神学校教授,校長をつとめた。ロシアのトルストイと文通し,尾崎紅葉と「アンナ=カレーニナ」の翻訳をおこなった。昭和20年8月死去。78歳。武蔵(むさし)八王子(東京都)出身。正教神学校卒。旧姓は河本。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

瀬沼恪三郎の関連キーワード西海枝 静瀬沼 夏葉