コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灑水 しゃすい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

灑水
しゃすい

仏教,特に密教儀礼を実行する前に,特別に準備した水を,その場所や器具を浄化するために注ぐこと。また,その水をもいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃ‐すい【×灑水/×洒水】

《水を注ぐ意》密教で、加持した香水(こうずい)を注いで煩悩(ぼんのう)・垢穢(くえ)を除く、きよめの儀礼。また、その香水。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

灑水の関連キーワード三十三観音密教法具灑水器灌頂達陀仏教散杖

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android