コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灘尾弘吉 なだおひろきち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

灘尾弘吉
なだおひろきち

[生]1899.12.21. 広島
[没]1994.1.22. 東京
政治家。 1924年東京大学を卒業。内務省に入る。 45年に内務次官。 52年衆議院議員に当選,以来連続 12回当選。自由民主党内有数の文教通で4回文相をつとめ,日本教職員組合 (日教組) に対決的な文教政策を推進した。ほかに厚相,自民党総務会長をつとめた。 79年2月,保利茂の病気辞任のあとをうけて衆議院議長に就任。政界引退後は中央共同募金会会長,全国社会福祉協議会会長など,厚生省関係の会長職を歴任した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

灘尾弘吉 なだお-ひろきち

1899-1994 昭和時代の官僚,政治家。
明治32年12月21日生まれ。内務省にはいり,大分県知事などをへて,終戦時は内務次官。公職追放解除後の昭和27年衆議院議員となる(当選12回,自民党)。石橋内閣をはじめとして文相を6期つとめ,教員勤務評定,道徳教育を実施。また厚相,党総務会長などを歴任。54年衆議院議長。平成6年1月22日死去。94歳。広島県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

灘尾弘吉の関連キーワード日本教職員組合昭和時代政治家日教組文教

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

灘尾弘吉の関連情報