コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火の玉 ヒノタマ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐の‐たま【火の玉】

球状の火のかたまり。特に、夜、墓地などで空中を飛ぶという火のかたまり。鬼火。人魂(ひとだま)。
激しく闘志を燃やすようすなどをたとえていう語。「火の玉となって戦う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひのたま【火の玉】

球状の火のかたまり。
勢いの激しいものやそのさまにたとえていう語。 「全員-となって敵にぶつかる」
夜間、空中を飛んでいるように見える鬼火おにび。人魂ひとだま

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

火の玉の関連キーワードキング(Phillip King)インフレーション理論ビッグバン(宇宙)ツングースカ大爆発ベルティ フォクツFIREBALLオリオン座流星群デニス クエイド3K宇宙背景輻射ファイアボールビッグ・バン宇宙背景放射悋気の火の玉定常宇宙論ビッグバン火の玉宇宙火の玉模型BLEVE宇宙の膨張吉村 道明

火の玉の関連情報