火の玉(読み)ヒノタマ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐の‐たま【火の玉】

球状の火のかたまり。特に、夜、墓地などで空中を飛ぶという火のかたまり。鬼火。人魂(ひとだま)。
激しく闘志を燃やすようすなどをたとえていう語。「火の玉となって戦う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひのたま【火の玉】

球状の火のかたまり。
勢いの激しいものやそのさまにたとえていう語。 「全員-となって敵にぶつかる」
夜間、空中を飛んでいるように見える鬼火おにび。人魂ひとだま

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひ【火】 の 玉(たま)

① 丸い火のかたまり。特に、墓地や沼沢などで、夜、燃えながら空中を飛ぶように見える光の塊。おにび。ひとだま。ひだま。
※雑俳・すがたなぞ(1703)「火の魂が米やの軒をこけあるく」
② 激しく闘志を燃やして事に当たるさまをいう。
※ロマネスク(1934)〈太宰治〉喧嘩次郎兵衛「数千の火の玉小僧が列をなして畳屋の屋根のうへで舞ひ狂ひ」
③ 取引市場で、熱狂的な相場をいう。〔取引所用語字彙(1917)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火の玉の関連情報