コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火の玉 ヒノタマ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐の‐たま【火の玉】

球状の火のかたまり。特に、夜、墓地などで空中を飛ぶという火のかたまり。鬼火。人魂(ひとだま)。
激しく闘志を燃やすようすなどをたとえていう語。「火の玉となって戦う」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひのたま【火の玉】

球状の火のかたまり。
勢いの激しいものやそのさまにたとえていう語。 「全員-となって敵にぶつかる」
夜間、空中を飛んでいるように見える鬼火おにび。人魂ひとだま

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

火の玉の関連キーワードキング(Phillip King)インフレーション理論ビッグバン(宇宙)ツングースカ大爆発ベルティ フォクツ3K宇宙背景輻射オリオン座流星群デニス クエイドFIREBALLファイアボールオルブライト悋気の火の玉宇宙背景放射ビッグ・バン定常宇宙論青木 達之宇宙の膨張BLEVE吉村 道明たくろう火

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火の玉の関連情報